リモコンキー修理(キーシェル交換)【ミツビシ ランサー(LANCER)】

割れてしまった【ミツビシ ランサー(LANCER)】などのリモコンキーケース修理はキーマシン10台完備の【キングリペア】にお任せ下さい♪

ボタンを押せばリモコンは効くし、エンジンも始動出来るけど、プラスチックのケースだけが割れてしまっている状態なら【キーシェル交換】による修理が有効です♪

リモコンキーの中身だけ取り出して同型のリモコンブランクキーに載せ替えてキーカットする作業になりますので、料金も安く直せます♪

 

(修理前)

ケースの一部が割れていたため、ネジが効かず、ボタンも外れている状態でした

 

【キングリペア】で実際に行っているキーシェル交換の手順をご紹介します

▼ネジを外してトランスミッター(リモコンキーの中の送信機)を取外します

イモビ装着車でしたのでICチップも取り出して新しいキーシェルに移植します♪

▼ICチップは裏蓋に固定されています

▼慎重に取り外して…

▼新しいキーシェル(左)の赤丸の部分に取り付けます(右は壊れたキーシェル)

 

トランスミッターとイモビICチップを移植したらキーカットを行います♪

キーカットは最新のコンピューターキーマシンで行いますので、純正キーと同じ精度で仕上がります♪

▼イタリアのSILCA社製のコンピューターキーマシン【Futura】

▼まずは純正キーをセットしてレーザー照射によるデコード(鍵山の高さの読み取り測定)を行います♪

▼読み取った鍵山の高さが画面に表示されます♪

▼カットスタートのボタンを押すだけでカッターが自動で動いてブランクキーを純正数値で切削していきます♪

 

▼完成です!

左:壊れたミツビシ純正リモコンキー

右:新しいリモコンキーシェル

↓【メーカーロゴ側】

社外品ですのでミツビシ純正ロゴマークがありませんが、リモコンは効きますし、イモビチップも移設しましたので、エンジン始動も問題ありません♪

左:ミツビシ純正リモコンキー

右:新しいリモコンキーシェル

この型のリモコンブランクキーにはボタン部分が付属していますが、ボタン部分が別売りのリモコンキーブランクもあります。

 

★ミツビシリモコンキー修理(キーシェル交換)★

【料金】2,500円+税

【作業時間】 20分〜

※壊れたリモコンキーに接着剤やパテなどが付着している場合は、除去に時間がかかるため、作業時間が長くなります。

※リモコンキーの中身(トランスミッター、ICチップ)はそのまま載せ替えますので、リモコンが効かない、エンジンがかからないなどの症状は修理出来ません。

※リモコンキーの追加登録などの作業は行っておりません。

※修理用のリモコンキーシェルは全て社外品になります

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

車屋さんからのご注文も多数いただいております♪

 

【ミツビシ ランサー】のリモコンキー修理の事なら埼玉県志木市館(たて)2-7-6  東武東上線 柳瀬川駅前ぺあも〜る商店街中央広場の【キングリペア】にお任せ下さい♪

お店は小さいですが、機材は充実してます!

■お車でお越しの際は浦所バイパス「志木ニュータウン入口」の信号を柳瀬川駅方面(団地方面)に曲がっていただき、駐車場は駅前周辺施設と共同の「ペアクレセント地下駐車場」または「サミット地下駐車場」をご利用下さい♪

■1,000円以上のご利用で2時間まで無料になりますので、発券機から出る黄色い駐車券をご来店時にご提示下さい

※周辺道路は全て駐車違反取締りの重点地区に指定されておりますので、短時間でも地下駐車場をご利用ください。また、団地内に駐車する事もお止めください

 

■店舗の詳細情報、駐車場MAP、各種料金はホームページでご確認ください↓↓

king-repair.jp

 

 

【遠方からお越しのお客様へ】

埼玉県以外からのお問い合わせも多数いただいておりますが、個別の道案内には対応出来ておりません。恐れ入りますが、当店への道順は事前に地図やカーナビなどでご確認いただき、安全運転でお越し下さい。