【トヨタ】 リモコンキー修理(キーシェル交換)

トヨタ 【ALPHARD(アルファード)】のリモコンキー修理(キーシェル交換)はキーマシン10台完備の【キングリペア】にお任せ下さい♪

最新のコンピューターキーマシンで20分仕上げです♪

初代アルファードは両側パワースライドドアのため、4ボタンタイプのリモコンキーになっています。イモビライザーも装着されています。

 

▼ボタンの表面がシリコンのような薄い膜になっているため、膜が破れて中身が露出してしまいます…

酷くなると黒い膜が全部無くなる事もありますので、ケース(キーシェル)だけ交換しましょう♪

 

▼まずはキーカットから始めます♪

キーカットは最新のコンピューターキーマシンで行いますので、純正キーと同じ精度で仕上がります♪

▼まずはレーザー照射によるデコード(鍵山の高さの読み取り測定)を行います

▼読み取った鍵山の高さが画面に表示されます♪

 

▼「カットスタート」のボタンを押すだけでカッターが自動で動いてブランクキーを純正数値で切削していきます♪

 

◎キーカットが完了したらリモコンキーの中身の載せ替え作業に移ります♪

▼右下にあるイモビチップ(ICチップ)を取り出して新しいリモコンブランクキーに載せ替えます

▼これがイモビチップ(ICチップ)です

この1cmぐらいのものがなければエンジンがかかりませんので摘出作業は慎重に♪

最近では、お客様自身でキーシェルをインターネットで購入してキーカット以外の作業をご自身で行っているケースも多いようですが、イモビチップだけは慎重に扱って下さい。傷付けたり割ってしまったりするとエンジンをかける事が出来なくなりますのでご注意を。

▼イモビチップ(ICチップ)はキーシェルを割るように崩しながら取り外しています

▼トランスミッターを取り出して新しいブランクキーに載せ替えます

▼イモビチップ(ICチップ)も載せ替え完了♪

▼完成!

左: リペア用リモコンキー  右:壊れた純正リモコンキー

リペア用のリモコンキーのボタン部分はプラスチック製になりますので、破れたりはしません♪

▼社外品ブランクキーのため、トヨタのメーカーロゴマークは入っておりませんが、中央のロゴマーク入りのケースが破損していなければ再使用する事も可能です♪

 

★トヨタリモコンキー修理(キーシェル交換)ギザギザキータイプ

 

【料金】 2,500円+税

【作業時間】 20分程度

 

※接着剤やテープで固定してある場合は処理に時間がかかります

※「リモコンが効かない」「エンジンがかからない」などの症状は修理出来ません

※内溝キータイプのキーシェル交換は上記の料金とは異なりますので、下記をご覧ください。

 

★内溝キータイプのリモコンキー修理(キーシェル交換)についてはこちらをご覧下さい↓

http://king-6166.com/2018/04/27/carkey-repair-toyota/

 

 

車屋さんからのご注文も多数いただいております♪

 

トヨタのリモコンキー修理の事なら埼玉県志木市館(たて)2-7-6 東武東上線 柳瀬川駅前ぺあもーる中央広場【キングリペア】にお任せ下さい♪

お車でお越しの際は浦所バイパス「志木ニュータウン入口」の信号を柳瀬川駅方面(団地方面)に曲がっていただき、駐車場は周辺施設と共同の「ペアクレセント」地下駐車場をご利用ください♪

1,000円以上のお会計で2時間まで無料になりますので、発券機から出る黄色い駐車券をご注文時にご提示下さい▼

↓店舗詳細情報、駐車場MAP、各種料金などはホームページでご確認ください♪

king-repair.jp