【オールソール交換+ウェルト交換(すくい縫い)】グッドイヤー製法靴

グッドイヤー製法のウェルト交換も【キングリペア】にお任せ下さい♪

▼REGALのグッドイヤー製法の靴ですが、かなり年数が経っているためソールとウェルトが硬化して割れていましたのでオールソール交換とウェルトも交換します♪

▼まずゴムのブロックヒールを外します

▼ソールを固定しているダシ縫いの糸をグラインダーなどで切ります

▼縫い糸が切れたらソールを剥がします

▼黒い小さい丸が並んでいるのがウェルトとソールを固定している「ダシ縫い」の針穴で、その右の白い糸がアッパーとウェルトを固定している「すくい縫い」の縫い糸です。

▼レザーのウェルトが硬化してヒビが入って割れていましたので交換します

▼古いウェルトを外すと、思っていたよりボロボロでした…

▼グッドイヤー用のレザーウェルト

裏側には掬い縫いの糸を納めるためのミゾが入っています

▼ウェルトに下穴を開ける掬い針(下)と糸を通す縫い針2本を使ってアッパーにウェルトを縫い付けていきます

▼すくい縫い用の針を元々のダシ縫いの穴に通し、ウェルトに下穴を開けます

▼弓状に曲がった2本のダシ針を内側と外側からそれぞれ同じ針穴に通します

 

▼外側でアヤをかけたら2本の糸を一気に引いて縫います

▼一つ縫ったらダシ針で次の下穴を開けてまた縫う

この作業を繰り返し行いますので両足縫い終えるにはかなりの時間がかかります

▼ウェルト交換完了♪

ウェルトに幅がありますが、最後にコバを整える時に絞ります

▼カカトの部分の「鉢巻き」も製作して仮止め

右にあるのはリーガル独自の強化プラスチックのシャンクです

▼シャンク取付け

▼グッドイヤー製法の靴には「中物」が入っています

「中物」は靴裏の前方(下の写真の茶色い部分)にできる3~5ミリ程の深さの湖のようなスペースに入れる(充填する)ものでクッション性や防水性が高い事が求められます

現代のグッドイヤー製法の高級靴の多くには「コルク」が採用されています

当店ではクッション性と防水性に優れたポルトガル産のコルクを採用しています

▼練りコルクもありますが、今回は板状のコルクから切りだして接着します

▼ソールを接着してコバ(靴底の外周一周)を削って整えておきます

▼ダシ縫い完了

コバは着色していないため、白っぽい部分はレザーウェルトの断面です

▼ヒールを取付けてコバを仕上げます。

最後は手作業で磨いています

▼磨き込んで着色して完成です♪

▼完成!

リーガルの純正と同じ鏡面タイプの硬いラバーを使用しています

 

【料金】

●ラバーオールソール交換 (両足)11,000円+税

●ウェルト交換 (両足)10,000円+税

*ウェルト交換の場合はオールソールとウェルト交換両方の費用がかかります

*オールソールの資材は種類により料金が異なります

【お預り期間】 3~4週間

 

グッドイヤー製法靴のウェルト交換/オールソール交換修理の事なら埼玉県志木市館 東武東上線柳瀬川駅ぺあも~る中央広場【キングリペア】にお任せ下さい♪

 

お車でお越しの際は浦所バイパス「志木ニュータウン入口」を柳瀬川駅方面に曲がっていただき、駐車場は周辺施設と共同の「ペアクレセント」地下駐車場をご利用ください♪

1,000円以上のお会計で2時間まで無料になりますので、発券機から出る黄色い駐車券をご注文時にご提示下さい▼

↓店舗詳細情報、駐車場MAP、各種料金などはホームページでご確認ください♪

king-repair.jp