【CONVERSE(コンバース ) 】スニーカー カカト修理

CONVERSE(コンバース)などのスニーカーのすり減ったカカトでもキングリペアで修理可能です♪

コンバースのスニーカーは、ある程度すり減るとゴムが擦り切れて穴が開いてしまい、中身の布地などが露出してきます。

コンバースなどのスニーカーのソールはアッパーの方まで包み込むようなカップ状の一体構造になっているため、ソール自体の厚みはほとんどなく、カカトの部分はすぐに減って穴が開いてしまいます。

水が入ってきたりしますので、カカトの部分だけの修理もできます♪

修理には傾斜のついた三角形のゴムを使用します

カカトのすり減った部分(6㎝〜8㎝)を斜めに傾斜をつけて削り、修理用の三角の白いゴムの傾斜角度と合うように接着面を整えてから、接着剤の下地処理のプライマーを塗布して乾かし、その後、接着剤のボントを塗って、接着します♪

ゴムを接着した後、しばらく乾燥させてからコバからはみ出した余分なゴムを削って整えたら完成♪

※白いゴムを使用しておりますが、オリジナルの白とリペア資材の白とは若干、色味の違いがありますので予めご了承ください。

 

【預かり期間】 中1日〜

*靴の状態や混み具合によって長くなる場合があります

【料金】両足で2,700円〜

*減り方やソールの構造などにより料金は変わります 全てのスニーカーのカカト修理が2,700円ではありませんので予めご了承ください

コンバースのスニーカーの修理の事なら埼玉県志木市館 東武東上線柳瀬川駅前ぺあもーる商店街中央広場のキングリペアにお任せ下さい♪

お車でお越しの際には浦所バイパス「志木ニュータウン入口」の信号を柳瀬川駅方面に曲がっていただき、駐車場は周辺施設と共同の地下駐車場をご利用下さい▼

↓店舗詳細情報、駐車場MAP、各種料金などはホームページをご覧ください♪

king-repair.jp