【カウンターライニング(腰裏)修理】 革靴

革靴のカウンターライニング(腰裏)修理は【キングリペア】にお任せ下さい♪

カウンターライニングとは腰裏とも呼びますが、靴の踵部分の内張り革(靴の履き口付近)の事を指します。

この部分が破れる原因はただ一つ「摩擦」です。靴の中で足が動く事で摩擦が生じて革が破れています。小指側の内張り革が破れるのも、原因の多くは「摩擦」によるものです。

紐靴は靴を脱ぐ時に解く、履く時には足にフィットするように結んで下さい。

横着して紐を緩めにしておくと、脱ぎ履きは楽ですが靴の中で足が動いてしまうため、ライニング(内張りの革)が傷みやすくなります。

直し方はシンプルです。

破れた部分を補修して平らにしてからオリジナルのライニングの色と似た色の革を当ててトップラインをミシンで縫い付けます

修理に使用する革の色はオリジナルのライニングの革の色と極力近い色を探しますが、全く同じ色の革が見つからない場合もございますので予めご了承下さい。

 

▼まず、当てる革の裏側の両サイドをナイフで漉いておきます

▼こんな感じで革を貼ります。トップラインの上に余っている革は縫った後にカットします

ミシン(八方ミシン)で縫います。元々の針穴と同じ穴に針を通すように縫っていきます。

▼縫い終わったら、余分な革をトップラインに合わせてカットします。

主に「市切り」という道具を使っています♪

▼中敷きを元に戻して完成♪

 

【料金】両足で3,670円(税込)

【預かり期間】中3日〜

※混雑時は預かり期間が長くなります

 

カウンターライニング修理の事なら埼玉県志木市館(たて)2-7-6  東武東上線柳瀬川駅前ぺあもーる中央広場【キングリペア】にお任せ下さい!

お車でお越しの際には浦所バイパス「志木ニュータウン入口」の信号を柳瀬川駅方面に曲がっていただき、駐車場は周辺施設と共同のペアクレセント地下駐車場をご利用ください♪

1,000円以上のお会計で2時間まで無料になりますので、発券機から出る黄色い駐車券をご注文時にご提示下さい▼

 

↓店舗詳細情報、駐車場MAP、各種料金などはホームページをご覧ください▼

king-repair.jp