【ミツビシ(MITSUBISHI)デリカD2】スマートキーコピー(ボタンプッシュタイプ) イモビライザースペアキー作成

【ミツビシ デリカ:D2(MITSUBISHI DELICA D:2)】のスマートキーのイモビライザースペアキーも【キングリペア】で作成可能です♪ (スマート機能はコピー出来ません)

▼イモビチップのIDデータだけを読み出してコピー(クローン)出来る専用の機材を使用して、短時間でエンジン始動可能なスペアキーが作成出来るように準備しております

イモビライザースペアキーの使い方は、スマートキーの電池切れの時のエンジン始動方式と同様に、キーヘッドをスタートボタンに接近、もしくは接触させてイモビ認証させる事でエンジンスタートに至ります。

▼右側にあるグラスチップにイモビIDデータをコピーしてキーヘッドの中に収納します

スペインのJMA社のグラスチップTPXは完全防水になっており、誤ってポケットに入れたまま洗濯してしまってもデータが飛んでエンジンがかからなくなってしまう事がありません。

(純正スマートキーは洗濯してしまうとエンジンがかからなくなる恐れがありますのでご注意下さい)

▼キーヘッドの中にグラスチップを収納し、エンジン始動可能なスペアキーの完成です♪

▼左:純正スマートキー  右:作成したスペアキー

スズキソリオのOEM車のため、スズキのスマートキーと同じ形でメーカーロゴだけミツビシのマークになっています。

▼エンジンスタートボタンにキーヘッドを接触させながら、そのままヘッドでボタンを押すか、ボタンに接触させるぐらいまで近づけて認証したら指でボタンを押すかのどちらかの方法でエンジン始動させて下さい。

スペアキーの作成には車両が必要になりますので、お車でお越しください。

エンジンをON→OFFさせるだけの簡単な1〜2分の作業ですが車内に乗り込んでの作業になり、コピーの工程の中で必ず必要になります♪

作業開始からスペアキー完成まで20分程度で仕上がります。

 

イモビライザースペアキーを単体で使用する際の注意点がありますのでご確認下さい。↓

イモビのIDキーデータをコピーしたマイクロチップをキーヘッドに埋め込み、車両のコンピュータと照合させる事によりエンジン始動が可能ですが、スマート機能やリモコン機能はコピー出来ないため車両純正のセキュリティー装置を解除する事が出来ません。

通常、リモコン(スマートキー)でドアロックを開錠するのと同時にセキュリティー装置も解除していますが、スペアキーの場合はキーを鍵穴に差してドアロックを開錠するため純正セキュリティーを解除出来ません。そのため、セキュリティーの防犯ブザーが作動してしまう場合がありますので、事前にお客様にてご確認下さい

 

スマートキーの完全紛失からの復旧には高額な費用がかかりますので、万が一に備えて手頃な価格のエンジン始動可能なスペアキーを作っておかれる事をお勧めしております♪

 

▼ミツビシデリカD2のエンジン始動スペアキーの作成は▼

【料金】1本 8,000円+税

【作業時間】 20分程度

車屋さんからのご注文も多数いただいております♪

 

ミツビシのイモビライザースペアキー合鍵作成の事なら埼玉県志木市館 東武東上線柳瀬川駅前ぺあもーる中央広場【キングリペア】にお任せ下さい!

 

お車でお越しの際には浦所バイパス「志木ニュータウン入口」の信号を柳瀬川駅方面に曲がっていただき、駐車場は駅前の周辺施設と共同の「ペアクレセント」地下駐車場をご利用ください。

1,000円以上のお会計で2時間まで無料になりますので、発券機から出る黄色い駐車券をご注文時にご提示下さい▼

↓店舗詳細情報、駐車場MAP、各種料金などはホームページをご覧ください♪

king-repair.jp