【カウンターライニング修理 】 スニーカー

スニーカーの【カウンターライニング(靴の内張りのカカトの骨が当たる部分)】が破れる原因は【摩擦】です。

歩くお仕事の方はスニーカータイプの靴を愛用している方も多いと思いますが、このようになっていませんか?▼

靴の履き口の内側が破けて黄色いクッションが露出してしまっています。

ここが破れる原因はただ一つ、靴の中で足が動く事によって生じる摩擦です。足にピッタリ合っていれば、靴の中で足はほとんど動きませんが、靴が緩い状態ですと、地面に先に靴がついてその後足が遅れて沈む、蹴り出す時には逆に足が先に動き、靴は遅れて付いてくることになります。

靴に足を入れ、つま先は地面に着いた状態で踵だけを上げた時、靴も一緒について来るのが理想で、踵だけが動いてしまうのは、緩く履いている証拠です。靴紐がある靴であれば、紐をしっかり結びましょう。甲の部分にゴムがある靴でゴムが伸びきっていれば、甲ゴムだけの交換修理も可能ですので、修理のお店に相談して下さい。

では、本題の修理について。

この状態をキレイに直します。破れているのは内側だけですが、スニーカータイプの場合はビジネスシューズのように内側にだけ革を当てるとトップラインがキレイに仕上がらないため、トップラインと同じパーツを作って上から被せる方法で修理しています。この方法だと直した後、足入れの違和感もなく見た目も修理跡がほとんどわかりません。

↓まず、内側のメッシュのナイロン生地と、外側の黒い革を互いに裏向きに仮止めした後、靴のトップラインと同じラインで縫い合わせておきます。

↓縫ったラインギリギリでカット

↓そしてひっくり返すと、こんな感じ   コブのような出っ張りはハイカットの山の部分です

↓こんな感じで仮置きして、ラインの確認。余った部分は縫った後にカットしましので、この段階ではかなり大きめのザックリサイズです

↓破れたクッションを盛り直し

↓クッションを適量に調節し、ナイロンで仮のカバーを取り付け

↓さあ、被せましょう。外側の革と内側のナイロンの部分の境い目のラインと、被せるパーツのラインが同じになるように慎重に位置決めをします。合ってなければ、何度でもやり直します

↓オリジナルの靴はメッシュのナイロンだけでなく、踵の出っ張った部分が当たる部分は革で作ってありましたので、同じように仕上げます♪

↓八方ミシンで縫っている様子。先に縫ってから後で余った部分をカットして整えていきます

↓縫い終わったら、余分な革を「市切り」などを使ってスパっとカットします。

↓外側はこんな感じ

↓内側(ライニング側)  ほぼオリジナルを再現出来ています。

↓完成(外側)

カウンターライニングが傷む原因は「摩擦」です。 履きやすい、ちょうど良いとお感じになっている靴でも、踵の内側に穴が開いている場合は緩い証拠です。紐靴なら履く前に一回一回結びましょう。今回ご紹介した靴のように甲ゴムタイプの靴なら、甲ゴムを交換修理するか、脱着可能なインソールが擦り減って緩くなっている場合もあるようですので、その場合はオリジナルと似ているインソールをお買い求めください。

本当に足に合っている靴は10年履いてもカウンターライニングは傷みません。そういうお客様の靴をたくさん見てきました。

そういう靴は出来合いの既成靴ではなく、修行を積んだ職人さんに足に合った靴を作ってもらうか、シューフィッターの資格を持った方が売り場にいらっしゃるお店で購入している場合に多いようです。見た目やデザインだけでなく、自分の足に合った靴を探してみてはいかがでしょうか?お求めやすい値段ではないかもしれませんが、足型測定を行った数値に基づいて仕立てられた靴は既製品とは比べ物にならないほど足にフィットします。

我がペアモールにも優秀なシューマスターの方が営む「シューフィット SEKINE」という靴屋さんがありますので、一度相談されてみてはいかがでしょうか。

 

■カウンターライニング修理(スニーカータイプ)両足  5,000円+税

■預かり日数   1週間〜

 

カウンターライニング(腰裏)修理の事なら埼玉県志木市館 東武東上線柳瀬川駅前ぺあもーる中央広場【キングリペア】にお任せ下さい!

お車でお越しの際は浦所バイパス「志木ニュータウン入口」の信号を柳瀬川駅方面に曲がっていただき、駐車場は周辺施設と共同の「ペアクレセント」地下駐車場をご利用下さい♪

1,000円以上のお会計で2時間まで無料になりますので、発券機から出る黄色い駐車券をご注文時にご提示下さい▼

 

↓店舗詳細情報、駐車場MAP、各種料金などはホームページをご覧ください♪

king-repair.jp