クライミングシューズ 【リソール】

キングリペアでは、クライミングシューズのつま先リソールも行なっております♪

クライミングシューズのリソールにはビブラムの「xs grip」を使用しています。「xs grip2」や「xs gripEDGE」 「xs flash」は、当店の仕入れルートでは入手できませんでしたので、予めご了承ください。

 

▼今回はアッパー側にも穴が開いていたため、その部分をゴムで塞いでから、底面つま先のリソールを行います。

まず、リソールを行うつま先3cmほどを切って剥がし、新しいビブラムソールとの繋ぎ目を接着面がなるべく広くなるように45度にカットします

次に、穴が開いている部分を塞ぐゴムを両方とも円形に貼って表面と裏側の形を整えます

このトゥガードにも厚みが5ミリ程あるxs gripを予め半分の厚みに裁断したものを使用しています

↓接着面の45度に合わせ、新しいxs gripの接着面も45度ピッタリ合うように削っておきます

マスキングを施し、「プライマー」というボンドの効力増強剤を塗り、乾かしてから、ボンドを塗ります。▼

マスキングテープはボンドを塗った直後に剥がします。  マスキングテープをいつまでも付けておくと、マスキングテープを剥がす時にボンドも一緒に剥がれてしまうのを防ぐためです。↓

接着したら、丸一日寝かせておきます。靴底のサイド(コバ)を削って整える際に、グラインダーのペーパーとの摩擦で生じる摩擦熱でわずかな剥がれが起こるのを防ぐ目的があります。

修理に日数をいただくのは、このような寝かせる時間なども重要な修理工程だと考えているからです。

形を整えたのがこちら▼

仕上がりました  ↑

【修理料金】

つま先リソール→ 両足で3,500円+税

トゥガード取付け→  両足で2,000円+税

合計) 5,500円+税   になります。

 

預かり期間は トゥガード付きのつま先リソールで   1週間程度 (混雑時は長くなります)

つま先リソールだけなら、仕事が立て込んでいなければ2〜3日で仕上がります。

 

クライミングシューズの修理を当店で始めたのは5年程前、近所のクライミングジムに通ってらっしゃるお客様からのご相談をいただいてからになります。   「クライミングシューズ専門の工場の修理では納期が長い」とお困りでしたので、取引先にお願いしてどうにかビブラムのxsグリップを入手してリソールを始めました。

今日まで、たくさんのクライミングシューズを修理しましたが、誰かに教わった方法ではなく全て当店独自の修理方法ですので、今後もお客様のご要望により修理方法や仕上げも変える事が可能です。

「ここをこうして欲しい」 というご意見などがございましたら、修理注文時に遠慮なくお申し付け下さい。  可能な限りお答えしたいと思っております。

 

※郵送などによる修理受付は行なっておりません

クライミングシューズのリソールの事なら埼玉県志木市館 東武東上線柳瀬川駅前ぺあも〜る中央広場【キングリペア】にお任せ下さい!

お車でお越しの際は浦所バイパス「志木ニュータウン入口」の信号を柳瀬川駅方面に曲がっていただき、駐車場は周辺施設と共同の「ペアクレセント」地下駐車場をご利用ください♪  1,000円以上のお会計で2時間まで無料になります▼

↓店舗の詳細情報、駐車場MAP、各種料金などはホームページでご確認ください♪

king-repair.jp